ツルガ薬局公式サイト
ツルガ薬局公式ホームページへ!健康情報や漢方症例などが見れます!
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< めまい、急なのど痛、首と肩こり、下半身の冷え 〜 この時期案外多い状態 〜 | main | 検査数値の落とし穴  〜 腎臓のクレアチニンとGFR 〜 >>
心臓と腎臓の意外な関係性・・・  〜 相性相剋とは 〜
0

    今週は、水曜日の薬剤師会の循環器系の勉強会があり、心臓中心の内容でした。

    そして木曜日は、検査数値の専門的な講師を招いての自店勉強会で、腎臓の検査数値について勉強致しました。

     

    一見、心臓と腎臓と全く違うように思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は関係が深いのです。現にそれぞれの勉強会で心臓の構造と働き、心不全の症状、むくみや腎臓の働き、腎臓に作用する利尿薬など共通する内容がありました。

     

    「腎臓が悪くなると、心臓にもその影響が及び負担がかかってくる」

    これは西洋医学でも様々なデータで分かっていることですが、漢方の東洋医学では昔から説明されています。

     

    相生相剋(そうせいそうこく)の関係というのがあります。

    肝臓は心臓を助け、心臓は脾臓(ひぞう:東洋医学の五行の脾臓はすい臓と考えます)を助け、脾臓は肺臓を助け、肺臓は腎臓を助け、腎臓は肝臓を助けます。助けがあることで各々が正常に働くことができます。この助け合う関係性を相生(そうせい)と言います。

     

    反対に、力を持ち過ぎているところは抑え合いながらバランスを取っていこうとする関係性もあります。これを相剋(そうこく)と言います。肝臓は脾臓を抑え、脾臓は腎臓を抑え、腎臓は心臓を抑え、心臓は肺臓を抑え、肺臓は肝臓を抑えて健康を保ちます。

     

     

     

    例えば、腎臓について見てみましょう。

    腎臓の代表的なはたらきとして、血液をきれいにしたり、血圧を調整したり、赤血球の合成、カルシウムの吸収や骨形成、水分や体液、ミネラル、PHの調節などが知られております。

     

    腎臓は血液の汚れをろ過していく場所ですから、腎臓が悪くなると糸球体(しきゅうたい)というろ過フィルターの目が粗くなり、普通なら通さないタンパク質までも通過して尿に漏れ出てきてしまいます。それによって血液中のタンパク質であるアルブミンも減ってきてしまいます。このアルブミンは、血液中の水分調節をしているタンパク質です。また体力の指標・栄養状態を反映し、骨折や寝たきり、ガンや感染症の予防、免疫や自然治癒力・ホルモン力を高め、若々しく健康で長生きの絶対第一条件とされている非常に大切なタンパク質です。このアルブミンが減ることで、水分調節が出来ずに血液中の水分量が増え、血管内や心臓にかかる圧力も高まり負担がかかります。これにより、むくみや頻脈、動悸が出やすくなります(腎臓は心臓を抑える相剋関係です)。

     

    実はこのアルブミンは肝臓でしか作られません。つまりアルブミンが尿で漏れ出てくるほど腎臓が悪くなると、肝臓は減ってきたアルブミンを少しでも増やそうと頑張ります。つまり負担がかかるのです(腎臓は肝臓を助ける相生の関係です)。

     

    また肝臓は血を貯めこむ場所です。元気な血がきちんと肝臓に戻り蓄えられることで肝臓も正常に働くことが出来ます。実は血液中の赤血球を作るためには、腎臓から分泌される「エリスロポエチン」というホルモンが必須になります。腎臓が悪くなりエリスロポエチンが減ると貧血(腎性貧血)となり、肝臓も弱るのです(腎臓は肝臓を助ける相生の関係です)。

     

    このように腎臓と心臓の関係性について、西洋医学では様々な研究や統計で最近分かってきましたが、東洋医学では実は何千年も前から理解されていたことなのです。

     

    東洋医学・漢方薬の理にかなった考え方、改めて感動いたしました(/ω\)

     

     

     

     

     

    bnr_hp150.gif

     

     

     

     

     

    | 漢方 | 11:47 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする