ツルガ薬局公式サイト
ツルガ薬局公式ホームページへ!健康情報や漢方症例などが見れます!
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 首が回らない 肩と首のコリ | main | 呼吸が入りにくい   越婢加半夏湯(えっぴかはんげとう)  >>
妊婦さんの頭痛 鼻水 
0

    JUGEMテーマ:漢方

     

    今日は、妊娠5〜6ヶ月の34歳の妊婦さんの症例をご紹介致します。

     

    日曜日、お子さんのバトミントン大会のため早朝4時起きでお弁当を作り、大会会場までの高速道路の往復の運転と夜18時頃までの審判などで、帰宅後ひどい頭痛がして起きられなくなってしまった。横になっていても痛くてしんどくて寝付けない、と旦那さんがご来店。

    この妊婦さんは今までも何度も漢方薬をお作りしている方です。お電話で直接お話しして、痛む場所をお聞きすると側頭部から頭全体が痛むと言われました。会場は特段寒い場所ではなく、飲食物で身体を冷やした訳でもなく、ご自身では思い当たるはっきりとした原因はないとおっしゃられました。寒気や風邪のような他症状もありませんでした。

     

    以前からこの人は睡眠不足になると頭痛をよく起こし呉茱萸湯で楽になった経験があり、いつも常備しておられます。頭維(ずい)というツボがこめかみ近辺にありますが、ここは胃経(いけい:胃の状態が出る場所)です。この人の場合は睡眠不足で無理をすると陽気が減り、胃の陽気不足の影響で頭痛が出やすい体質です。また胃は体の土台にあたり、体が弱ることで胃も弱ります。呉茱萸湯で胃の土台に陽気を補うことは治していく上ではまず必要なことですので、家に残っている呉茱萸湯をまず服用するようにお伝えいたしました。もし良くならなかった場合は御連絡くださいとお伝え致しました。

     

    30分ほど経って旦那さんからお電話があり、「服用して30分くらい経ちましたが、あまり痛みが取れていないみたいでなかなか寝付けないみたいです。」とのことでした。原因を考えると、労しかありません。妊娠中に良く飲んで頂いている当帰建中湯加阿膠地黄(とうきけんちゅうとうかあきょうじおう)を飲んで頂くようにお伝え致しました。

     

    翌日ご本人さんが来店。「当帰建中湯加阿膠地黄1包服用後、知らない間に寝れました。起きたら頭痛も取れてました」とご報告頂きました。頭痛は治ったみたいなのですが、今朝から頭全体がボッーとして頭重感あり、首筋も重い感じ有り、問診すると寒気はないが暖かい所に行きたい感じ(浴室の暖房の中に入りたい感じ)あり、鼻水あり、鼻声、おしっこの出が悪いという証が出ておりました。

     

    表に陽気を入れて水をさばく桂姜棗草黄辛附湯(けいきょうそうそうおうしんぶとう)と苓桂味甘湯(りょうけいみかんとう)を

    3包ずつ処方致しました。店頭でまず桂姜棗草黄辛附湯を1包服用して頂き、1時間以内にもう1包服用してご様子お電話で教えて下さいとお伝え致しました。

    お昼頃にお電話があり、2包服用して寒気は止まり、それ以外の症状はまだあるとのことでした。苓桂味甘湯をすぐに服用して、1時間以内にもう1包服用して頂けるようにお伝え致しました。

     

    1時間ほどしてお電話があり、「尿の出も良くなり、頭、鼻水、首筋のこりも大変楽になりました」とご報告頂きました。

     

    体の状態を捉えることと、その漢方薬がどこにどのように作用するのか、この2つを理解したうえで漢方薬は処方していかないといけないですね♪改めて勉強になりました(-ω-)/

     

     

    bnr_hp150.gif

     

     

     

     

     

     

    | 漢方 | 19:40 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする