ツルガ薬局公式サイト
ツルガ薬局公式ホームページへ!健康情報や漢方症例などが見れます!
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< インフルエンザに漢方薬 〜引き始めにすぐに飲めば即効的に治ります〜 | main | 大青竜湯(だいせいりゅうとう) 〜 麻黄湯(まおうとう)でも汗が出ない 〜 >>
インフルエンザの異常行動を予防できる漢方薬
0

    JUGEMテーマ:漢方

     

    先日に引き続き、インフルエンザについて書かせて頂きたいと思います。

    インフルエンザにかかると、病院でタミフルやリレンザ、イナビルなどが処方されますが、これらのお薬は全て「インフルエンザウイルスの増殖を抑える」働きです。効いている数時間だけ抑えているだけです。決して治すものではありません。先日も書かせて頂きましたように、治していくのは自身の免疫力以外にはございません。きちんと養生すること、自身の免疫力を高めて早く治せるようにしていくことが何より大切です。

     

    さて、インフルエンザのお薬でニュースにも取り上げられた異常行動(急に走り出したり、飛び込み、うわごと、幻覚、急な感情起伏など)については、現状はっきりとした原因は示されておりません。しかし、風邪やインフルエンザに罹った時の体の状態や生理機能、病がどこから入り、どのように体は反応して治していくのか、漢方理論で考えれば実はそう難しいことではありません。簡単に言ってしまえば、こもっているものをきちんと発散すれば、恐らく異常行動は出ません。

     

    先程も書きましたが、病院で処方されるインフルエンザ薬は、インフルエンザウイルスの増殖を一時的に抑えていくものです。一緒に処方される風邪薬や解熱剤なども、体温を上げる生理機能を抑えているだけです。全て一時的に抑えているだけなのです。抑えている間にきちんと自身の力で、汗や尿から中にこもっているものを出し切り、免疫力でウイルスをやっつけて回復できる人は治すことが出来ます。ただ、病が強かったり、自身の状態によっては、出し方が不十分になり、こもる場合があります。この時は注意が必要です。

     

    病院では、その症状に対してその場の数時間だけの抑える対処薬しか出ません。本来の汗や尿、免疫で治していく体の原理をあまり重要視していません。こもれば、異常行動を起こすのはごく当然です。漢方の教科書(傷寒論や金匱要略)にはきちんと書いてあります。病が出やすい方法で手助け・導いてあげることが、異常行動の予防になります。インフルエンザは風邪の一種ですので、風(ふう)の邪(じゃ)と書くように、体表部から入ります。病が浅く皮膚近辺にある時には、人間の体というのは一番病を追い出しやすい汗で治そうと致します。汗は、血の液です。体内の熱、血液の熱を水と一緒に毛穴を開いて外に出します。その時に表にとどまっている風邪の原因の邪を一緒に追い出していきます。この発散、発汗を手助していくことが、何よりも大切になるのです。


    私の家族はインフルエンザ・風邪になった時、漢方薬とブリルなどで治していきますが、大抵の方は病院を受診されます。インフルエンザの異常行動がご心配な方、そしてできる限り早く治したい方は、病院のお薬と一緒に飲める発汗を促す漢方薬をお作り致しますので、ぜひお気軽にツルガ薬局までご来店下さいませ。

     

     

     

    bnr_hp150.gif

     

     

     

     

     

    | 漢方 | 13:04 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする