ツルガ薬局公式サイト
ツルガ薬局公式ホームページへ!健康情報や漢方症例などが見れます!
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 2015年(平成27年) 金運不及(きんうんふきゅう)の年の養生法 | main | 漢方薬で、抗ミュラー管ホルモン(AMH) を改善し、卵巣子宮を若返らせる  >>
越婢加半夏湯(えっぴかはんげとう)   〜越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)との違い〜 
0
    更新が遅くなり、申し訳ございませんでした。

    以前の記事に続いて、越婢加半夏湯(えっぴかはんげとう)の生薬構成と越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)との違いについて書かせて頂きたいと思います。


    越婢加半夏湯は、麻黄(
    マオウ)苦温、石膏(セッコウ)辛微寒、生姜(ショウキョウ)辛温、甘草(カンゾウ)甘平、大棗(タイソウ)甘平、半夏(ハンゲ)辛平、から成ります。
    麻黄は、喘咳、水気、発汗、解熱、悪風寒(さむけ)、疼痛に効果があります。気味(きみ)は苦温です。気味というのは、その生薬の持っている気の働きと味のことで、例えば麻黄は苦温、つまり苦くて温める働きがあるということになります。
    石膏は、熱気の氾濫を収め、陽気の発散を助け、熱による刺激症状を和らげる働きがあり、煩渇(もだえて渇く)、譫語(せんご:うわごと)、煩躁(はんそう:さわがしくもだえる)、身熱などに効果があります。石膏の気味は辛微寒で、肺や皮膚の熱を取っていく働きがあります。もちろん冷えている人には使えません。麻黄と石膏で組み合わせることで、麻黄の汗を出させる力を水を動かしていく力に変えていきます。水を動かしていく時には、必ず胃の力が必要です。生姜や甘草や大棗で胃の力を高め、緊張を和らげスムーズに巡りやすく、さばきやすくします。生姜は胃や肺を温め皮膚機能を高める働きもあります。半夏は、辛平で気を補い水を去ります。特に、辛剤ですので、肺の気を補い、肺つまり上焦(じょうしょう:広い意味で肺の存在する上半身と考えて頂ければ結構です)の水を中心に動かしてさばいていく働きがあります。腹中雷鳴(ふくちゅうらいめい お腹ゴロゴロ)、嘔、動悸、喉痛、咳、心痛逆満、冒(ぼう:頭に物がかぶさっているようなことから出てくる症状全般)などを治していく働きがあります。

    越婢加朮湯は、越婢加半夏湯の半夏を白朮に変えたものです。白朮は、気味 苦温で、血脈を温めて筋骨を潤し、小便大便を中心に体の中の水を調節していく働きがあります。白朮は血を温めながら、皮膚も温めて、皮膚から汗や気が漏れ出るのを防ぐ働きもありますので、痛みや神経痛にもよく使われます。

    白朮と半夏の1味違うだけで、作用の場所や効き目も変わってきます。

    簡単に言うと、半夏は上焦、白朮は小便大便で水分を調節しますので、つまり下焦(げしょう:広い意味で下半身)に越婢湯の効果を集中的に持っていきたい時に使えばよいと思います。
    つまり、上焦の熱、高血圧、顔や肺や上半身の熱や水、咳や浮腫みなどには、越婢加半夏湯をよく考えます。
    下半身の神経痛や、痛風、むくみ、腰痛や膝ががくがくする、肉極熱(肉が熱で極まるような症状)などに、越婢加朮湯は使います。

    しかし、何度も繰り返し申し上げますが、「症状や病名で当てはまるから、誰でもこの漢方薬」、ではないですから注意して下さいね。越婢加半夏湯でなく、防已黄耆湯でのケースもありますし、同じような症状で出ていても原因が違い、甘草附子湯や八味丸、建中湯、麻杏薏甘湯などの状態の方もいらっしゃいますからね。





     
    | 漢方 | 09:52 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする