ツルガ薬局公式サイト
ツルガ薬局公式ホームページへ!健康情報や漢方症例などが見れます!
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 集中治療室から奇跡の生還  〜点滴が入らない〜 | main | 越婢加半夏湯(えっぴかはんげとう) 〜 越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)との違い 〜  >>
汗をかき過ぎると目が見えなくなってくる
0
    以前、あるご年配の方から、汗をかいた後に目が見えなくなってきた、という御相談がありました。汗をうんとかいたら片一方の目が見えなくなったというのです。ご本人からすると大変驚きますが、このことは漢方の教科書の傷寒論(しょうかんろん)にもきちんと書いてあります。 「・・・発汗(はっかん)ついに漏(も)れて止(や)まず、・・・」と。 
     
    人が目で物を見るということは、陽気(ようき)であるエネルギーを目から発していることになります。集中して真剣に見ている状態を、「目がらんらんに輝いている」と表現されることからも、ご理解頂けるのではないでしょうか。陽気が目から発散できなくなってくると、自然に目を閉じてしまう、つまり眠る状態になります。
     
    何も目だけのことではなく、耳もそうです。傷寒論の条文で 「・・・手叉自冒心・・・両耳聾無聞也 所以然者以重発汗虚故此如」 とあります。これは汗のかかせ過ぎによって、動悸や耳鳴り、耳が聞こえなくなることがあるということが書かれています。
     
    この方の場合は、まさに汗をかき過ぎることによって体表部の陽気が乏しくなって、目から陽気が発散できなくなり、目が見えなくなっている状態でした。この体表部の陽気を補う漢方薬で直ぐに治りました。
     
    ところが、しばらくするとまた目が見えなくなってきたので、その時はサウナで汗を出したら治ったというのです。おかしいと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。「初めは汗が出過ぎて目が見えなくなった、しばらくしてからは汗が出ないことで目が見えなくなり、汗をかいたら治った」…!? これをどう考えるのかが大切です。
     
    恐らくこの方は、水分が多いことが分かります。水は陰(いん)であり、陽気と相対するものです。水分が多いことで陽気が抑えられ、発散不良になり目が見えなくなるのです。サウナに入ることで、汗として体内の余分な水分が出れば、また目からの陽気の発散が正常になり、目が見えるようになるのです。ただ汗をかき過ぎると陽気が乏しくなりまた見えなくなってしまうのです。ですから、この方には「サウナに入って汗をかくと目が見えるからと言って、入り過ぎて汗をかき過ぎるとまた目が見えなくなるから注意して下さい」と」お伝えしました。その数日後に「先生の言ったとおりでした、汗かき過ぎたらまた見えなくなりました」とまた漢方薬を買いに来られました。
     
    この方は、「 陽気と水との調和 が悪いのです。ご高齢の方は水や陽気のバランスがちょっとした具合で乱れてしまうのです。だから適度に汗をかくこと、そして自分の体に合った水分の量、温度、飲み方をしていかなければいけないのです。

    この方の場合は目にきましたが、耳が聞こえにくくなったり(難聴)、耳鳴り、めまい、動悸、筋肉の痛みやひきつり、関節痛など、色んな症状の出方がありますので、その人の状態を捉えることが何よりも重要になります。

     
    | 漢方 | 18:56 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする