ツルガ薬局公式サイト
ツルガ薬局公式ホームページへ!健康情報や漢方症例などが見れます!
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 八味地黄丸(はちみぢおうがん)が効く人、効かない人 | main | 2014年(平成26年)は土運大過(どうんたいか)の年 〜起こりやすい病気と養生〜 >>
冬の養生法  〜年末食べ過ぎ注意〜
0
    自然界には春夏秋冬の流れがあるように、人間の内臓の働きも季節ごとで変わることはご存知でしょうか。
    冬の時期は「腎・膀胱・骨・耳・髪の毛など」の働きが盛んになり、それに伴い「心臓・小腸・血液・血圧・脈・舌」などの働きが抑えられやすくなることにより、様々な体調に変化を及ぼします。

    塩味のものは「腎気(じんき)」を補い、苦味のものは「心気(しんき)」を補うと言われておりますので、冬の時期はあまり「塩味」のものに偏り過ぎないように、そして「苦味」のものを普段より意識して食べるようにすると、体や精神のバランスが取りやすくなります。

    また秋から冬にかけて人の体は、寒い時期を乗り越えるために体内にエネルギーや栄養を溜め込もうとしています。つまり、食べたものが体に残りやすくなっています。ですので、肥満を原因とする糖尿病、高血圧症などの生活習慣病は改善しにくい時期であることが分かります。こういうことからも、ダイエットなどを始める季節としては、冬はあまり適しているとは言えません。

    つまり冬は、来たる春に向けてしっかり芽吹けるように、じっと静かに寒さを乗り越える時期に当たりますので、むやみに汗をかき過ぎたり、無理をして体を疲れさせることは避けるようにしましょう。

    人の体の中で、下半身を中心に養っているのが「腎の働き」です。冷えは下から入ります。「腎」は下半身から冷えが入らないように守っていますので、腎に無理がかからないように、足首を中心にした下半身や腰・お腹、そして手首や首が冷えないように十分な防寒を意識して下さい。

    そしてもう一つ、年末から年始にかけて、つい暴飲暴食(過剰摂取)になりがちになります。ある程度はしょうがないとは思いますが、植物も水や肥料をやり過ぎると枯れてしまうように、生き物にとって過食することは酵素(こうそ)を浪費し寿命を縮めることにつながります。
    過食しない習慣、よく噛む習慣、そして少しでも酵母・酵素(ジャームコッカス)を補う習慣が、若々しく元気に過ごせる秘訣にもなります。

    何度もお話していますが、長崎の動物園のペンギンは、普通のペンギンの2倍長生きしています。週の内1日だけエサを与えない絶食の日をつくり、内臓を休ませているのです。またサルにおいても、エサをたっぷり与えられたサルよりも、食べ過ぎないように少食にエサを調節されたサルの方が、毛並みも良く、若々しく力強くなります。

    人も同じです。少しでも体を労わりながら、年末年始と元気に過ごして頂ければと思います。
    来年もツルガ薬局一同、少しでも皆様の健康・元気・幸せにお役立てになれるよう、精一杯努力してまいりますのでどうかよろしくお願い致します。
    | 漢方 | 19:24 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする