ツルガ薬局公式サイト
ツルガ薬局公式ホームページへ!健康情報や漢方症例などが見れます!
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< まだ2歳なのに、清酒2Lが大のお気に入り!? | main | リンゴ丸かじり♪ には注意!? >>
本当の感謝とは・・・  〜母の足〜
0

    ある薬局の先生から聞いたお話をご紹介させて頂きます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    とある社長が、「本当の感謝とは何か?」を社員に実体験をさせてこそ、お客様に心から感謝できる社員が育つのだと気付き、毎年の入社試験の最後に、学生に次の2つの質問をするようになりました。

    「あなたは、お母さんの肩叩きをしたことがありますか?」
    この問いに、ほとんどの学生は「はい」と答えるそうです。次の質問に、学生たちは驚きます。

    「あなたは、お母さんの足を洗ってあげたことはありますか?」
    これには、ほとんどの学生が「いいえ」と答えるそうです。

    「では3日間差し上げますので、その間にお母さんの足を洗って報告に来てください。それで入社試験は終わりです。」

    学生たちは、「そんなことで入社できるのなら」とほくそ笑みながら会社を後にします。
    ところが、家に帰って実際にやろうとすると母親に言い出すことがなかなか出来ないのです。


    ある学生は、2日間母親の後を付いて周り、母親から「お前、おかしくなったのか?」と聞かれました。
    「いや、あの〜、お母さんの足を洗いたいんだけど・・・」
    「なんだい?気持ち悪いねぇ」
    こうして、その学生はようやく母親を縁側に連れて行き、たらいに水をくみ入れました。
    そして、お母さんの足を洗おうとして、足を持ち上げた瞬間・・・、母親の足の裏があまりにも荒れ放題に荒れてひび割れているのを、手のひらで感じて絶句してしまいます。
    その学生は、心の中で
    「うちはお父さんが早いうちに死んでしまって、お母さんが死に物狂いで働いて、自分と兄貴を養ってくれた。この荒れた足は、自分たちのために働き続けてくれた足だ」
    と悟り、胸がいっぱいになってしまいました。
    そして、「お母さん、長生きしてくれよな」とひとこと言うのが精一杯だったのです。
    それまで息子の柄にもない親孝行を冷やかしていた母親は「ありがとう」と言ったまま黙り込んでしまいました。
    しばらくすると、息子の手に落ちてくるものがありました。
    それは母の涙でした。
    学生は、母親の顔を見上げることが出来なくなって、「お母さん、ありがとう」と言って、自分の部屋に引きこもりました。
    そうして翌日、彼は会社へ報告に行きました。

    「社長、私はこんなに素晴らしい教育を受けたのは初めてです。ありがとうございました。」

    「君は一人で大人になったんじゃない。お父さんやお母さんや色々な人に支えられて大人になったんだ。そして、これからも自分ひとりの力で一人前になるのではないんだ。私自身も、お客様やスタッフや色々な人達との出会いの中で、一人前の社会人にならせて頂いたんだよ。」

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    なかなか分かっていても、感謝の気持ちを素直に言葉や行動に移し、今の自分を変えていくことは簡単なようで非常に難しいことだと思います。しかし、その中でも色々な方の話を聞き、色々な考え方に触れ、柔軟に学び受け入れ、自分でよいことを意識していく姿勢があれば、少しずつでも成長できて、きっと将来素直に感謝の気持ち・行動ができるようになってくるのではないでしょうか。

    | 心に響いた話 | 12:59 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする