<< 秋は肝臓が弱りやすい     ~ 2020年8月7日から 秋に入ります 〜 | main |
2020年 秋の土用  
0

     

    2020年10月20日から秋の土用に入ります。

     

    11月6日までの18日間が土用となります。

     

    11月7日は立冬で、これ以降は冬に入ります。

     

     

    土用の時は、土の気が旺(おう)していて力をもち、体の土台・地面に当たる部分が動きやすくなっておりますので、今まで病状が安定している方でも症状が悪化しやすかったり、不安定になりやすい季節になります。またバランス的に腎・膀胱系の働きが抑えられやすい季節にもなりますので、特に腎臓が弱い方ご注意下さい。手術や、歯を抜いたり、体に負担がかかるような検査は極力避けるようにして下さい。

     

     

    一般的に土用は体の水はけが悪くなりますが、秋の土用は冷えや熱の寒熱症状が特に出やすくなります。

    今日は大変寒いですが、数日前はとても暑く、その前も急に涼しくなりました。この外気温の変化に私たちの体がついていけなくなると、自律神経や体調の乱れにつながりやすくなります。その時の気温に合わせ体を冷やさないように、そして胃腸が弱らないように気をつけて下さい。

     

     

    土用は胃を中心にした消化器系が頑張る時ですから、食欲が増す人もいらっしゃると思いますが、胃に負担をかけないように腹八分目、よく噛んで、冷えた物や甘い物の取り過ぎには気をつけるようにしましょう。

     

     

    また、この時期は特に長い立ち仕事をしている方や、マイナス思考や不安や恐怖、悲しみ想う感情があまりに強いと、骨や腎に無理がかかり、腰から下の症状が出やすくなります。下半身を冷やさないように、体も心も無理し過ぎないように気をつけて下さい。

     

     

     

    もし体調崩されてしまったときには、ツルガ薬局までお気軽にご相談下さいませ。

     

     

     

    ツルガ薬局公式ホームページへ!健康情報や漢方症例などが見れます!

    | 漢方 | 13:31 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする