ツルガ薬局公式サイト
ツルガ薬局公式ホームページへ!健康情報や漢方症例などが見れます!
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 夏の土用  〜 2019年7月20日から8月7日まで 〜 | main | 秋の養生法 (2019年8月8日から秋に入ります) >>
唇の水膨れ 風邪様症状
0

     

    今日は症例をご紹介致します。

     

     

    2019年(土運不及)6月27日

    下唇に水ぶくれの袋が生じて、何か塗り薬が欲しいとご来店された20代男性。

     

    よく日に焼けておられ、体格も良い方です。

     

    ご様子をお聞きすると、昨日から頭痛、熱っぽさがあり、市販のEVEを服用。のど痛と鼻も少し出る。

    寒気も少しあり、喉の渇きも確認するとありとのことでした。

     

     

    最初はヘルペスかと思い、診させて頂いたのですがヘルペスっぽくありません。この水膨れのような腫れは一体なんなのでしょうか。

     

    漢方を勉強されている先生方の中で、ここでピンと来られる人も多いのではないでしょうか。

     

    そうです、肉上粟起(にくじょうぞくき)とか結胸(けっきょう)の原理と同じではないかと私は考えました。

     

     

    正常な熱の移動が急に冷やされることで、行き場を失った熱と水が出来物のように腫れてくる「肉上粟起」の原理

     

    強い熱の塊を一カ所に留めるために体内で冷やす働きを持つ水が熱の周りを取り囲む「結胸」の原理

     

     

    ご本人様にも確認したところ、このような状態になる前に、寝不足と疲れ、無理をなさっていたことが分かりました。

     

     

    外のお仕事で紫外線も当たりよく焼けておられます。焼ければ皮膚や唇は熱を持ちます。冷えた水分もよく飲み体を冷やし、さらに寝不足と疲れにより熱や水の正常なめぐりを低下させ、発散不良にもなります。皮膚や唇の熱を冷ますために体内の水が集まり停滞してしまい水ぶくれが生じたと考えました。熱っぽさ、寒気や鼻の程度、のど痛、口渇、体格や体質などを考慮して越婢加半夏湯(えっぴかはんげとう)を2日分処方致しました。内からの原因ですので、塗り薬はいらない事もご説明させて頂きました。

     

    もちろん、回復力と免疫力を高める「瑞芝(ずいし)」の服用と養生法はきちんとお伝えさせて頂きました。

     

     

     

    7月17日御来店された時に、6月のご様子をお聞きしたところ、「飲んですぐ効きました!スッーと水膨れが引いてすぐ治りました!」とご報告頂きました。

     

     

    やはりきちんと養生して頂きながら漢方薬を服用すると、自然治癒力の回復が早いですね♪

    良くなられて安心致しました(*ノωノ)

     

     

    越婢加半夏湯をもっと知りたい、他の症例をご覧になられたい方は、以下からご覧頂けます。

    呼吸が入りにくい 越婢加半夏湯

    越婢加半夏湯(えっぴかはんげとう) 〜 越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)との違い 〜  

    越婢加半夏湯(えっぴかはんげとう) 〜越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)との違い〜

     

     

    どんなお悩み、ご相談でもお気軽にツルガ薬局 松原店までどうぞ(/ω\)

     

     

     

    bnr_hp150.gif

     

     

     

     

    | 漢方 | 11:14 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする