ツルガ薬局公式サイト
ツルガ薬局公式ホームページへ!健康情報や漢方症例などが見れます!
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 2019年 5月6日から夏に入りました    | main | 唇の水膨れ 風邪様症状 >>
夏の土用  〜 2019年7月20日から8月7日まで 〜
0

    2019年7月20日から8月7日までの18日間は「土用(どよう)」になります。

     

    一般的に「土用はウナギを食べる!?」ことが有名になっておりますが、実は土用というのは年に4回、季節の変わり目にあって、次に訪れる季節に備え体の土台が頑張って働く季節になります。

     

     

     

    ★夏の土用の3大注意点

     

    胃腸、すい臓に無理をかけない!

    土用中は特にすい臓や胃が頑張って働く季節です。暴飲暴食、冷たい物、甘い物、水分の取り過ぎに注意して下さい。

     

    腎臓、膀胱、骨、脳、尿、腰、膝、子宮などに症状を持っている方は要注意

    これらの働きが抑えられやすい季節になります。

     

    病気が回復しにくくなる恐れあり!

     風邪や体調不良、抜歯や手術などの後はいつも以上に注意が必要です。

      

     

    土用中に体調を崩すと症状が激しく治りにくくなります・・・

     

    例えば、歯茎が腫れて1ヶ月以上、口が開けられない程の状態になってきた43歳女性。3か所の歯科医院で治療するも日に日に悪化してきて、抗生物質や鎮痛剤を服用しても効果なく、困り果ててご来店。土用の時期に絡んでいたため、夜も眠れず、物も食べられないほど激しい状態でしたが、漢方薬などの服用で、1週間程で気にならないくらいまで回復されました。

    (この症例のもっと詳しい経過と漢方処方をご覧になりたい方は → ツルガ薬局ブログの「土用中の手術・治療は要注意!」

      http://blog.tsurugayakkyoku.com/?eid=91 でご覧頂けます。)

     

     

     

    土用の時は、体の土台・地面に当たる部分が不安定になりやすい時です。

     

    そのため病状が悪化したり、回復しにくくなったり不安感や恐怖感も感じやすくなります。

     

    また腎・膀胱系の働きが抑えられやすいので、水分代謝異常(むくみやめまい、耳鳴り、尿のトラブル等)も増えてきます。口や歯茎、腰や膝、筋肉などの症状も訴えやすくなります。

     

     

     長い立ち仕事をしている人、クーラーや冷たい物、水分の取り過ぎなどで胃や皮膚を冷やしてしまっている人、甘い物がお好きな人、慣れない運動や作業、過労疲労、食べ過ぎ飲み過ぎ、睡眠不足、ストレスが多い人は特に症状が出やすくなります。

     

     

     

     

    ご心配なことがありましたら、どんなご相談でも結構です、ツルガ薬局までお気軽にご相談下さいませ。

     

     

     

    bnr_hp150.gif

     

     

     

     

    | 漢方 | 18:33 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする