ツルガ薬局公式サイト
ツルガ薬局公式ホームページへ!健康情報や漢方症例などが見れます!
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 白血病を漢方で考えるとどうなるか・・・ | main | 2歳の子供の滲出性中耳炎の予防 >>
140の血圧が105まで下がって安定した  〜 高血圧でもその人により漢方薬は変わる 〜
0

     

    先日、漢方薬を服用されておられる30代の女性から、「この漢方薬を飲んでいたら、血圧が下がってきて良かった!」とおっしゃって頂きました。

     

     

    今までその人からは血圧が高いということは聞いたことがなかったのですが、詳しくお聞きすると、上の血圧が140〜135くらいだったのが、漢方薬を服用するようになり105くらいに落ち着いた、とのことでした。

     

     

    続いて、この方のお知り合いの方も血圧が高くて困っているので、この漢方薬を飲ませてあげたいのだけど大丈夫かどうか尋ねてこられました。

     

     

     

    まずこの女性が服用されているのは四逆加人参湯(しぎゃくかにんじんとう)です。

     

    この処方は簡単に言えば血に陽気を入れて温める漢方薬です。なぜ血圧が下がったのか、それは体の陽気が衰え血が冷えていたのを温めたからです。人間は血液が熱、酸素、栄養などを全身に運んでいます。血液が冷えて弱れば、酸素や栄養、熱の巡りが悪くなりますから、体は何とか頑張って全身にめぐらそうと圧力を高めていきます。これがこの方の高血圧の原因です。これを四逆加人参湯で温めたことにより、血圧が正常に戻ったのです。

     

     

     

    そうすると、この方のお知り合いの方の高血圧の原因が分からないと、同じ漢方薬が合うかどうかは分かりません。

     

    後日、このお知り合いの方に御来店頂き原因を探っていったところ、こちらの方の高血圧の原因は血の熱でした。血の熱を冷ましてあげる漢方薬の処方で体調が良くなりました。

     

     

    このように同じ高血圧でも、その人の原因と状態で全く漢方薬の処方は違ってきます。ここが西洋医学と違うところです。

     

    その人を診る、その人の根本をつかんで、治りやすい状態に整えていく、自然治癒力を益していく、これが漢方薬の魅力です。

     

     

    病気や健康のことでお悩みの方、お気軽にツルガ薬局 松原店までご相談下さいませ(/ω\)

     

     

     

     

    bnr_hp150.gif

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | 漢方 | 09:47 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする