ツルガ薬局公式サイト
ツルガ薬局公式ホームページへ!健康情報や漢方症例などが見れます!
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< この時期に意外と多い症状(頭や顔、耳や目) 〜皮膚が冷えれば、熱は顔や頭に上る〜 | main | 病院では治らない蕁麻疹(じんましん) >>
小便をすると頭が痛くなる   〜 苓桂味甘湯(りょうけいみかんとう)の病態を考える 〜
0

    JUGEMテーマ:健康

     

    今回は苓桂味甘湯の冒(ぼう:頭に物がかぶさったような状態)について書かせて頂きたいと思います。

     

     

    ある30代半ばの女性の方の頭痛に苓桂味甘湯(りょうけいみかんとう)を出しているのですが、これが良く効いております。

     

    病院でもらう鎮痛剤でも頭の痛みが取れないときに、苓桂味甘湯を服用すると20〜30分程で本当に1包で大変よくなるそうなのですが、先日興味深いことを教えて頂きました。

     

     

    頭が痛くなって症状の出ている時にトイレに行くと(小便をすると)、頭がキュッと締め付けられるように痛くなる、というのです。頭痛の出ている時はいつも起こるみたいで、苓桂味甘湯を服用して頭痛が取れた後はトイレに行ってももう痛くはないというのです。何なんでしょうか?と尋ねられました。

     

     

     

    苓桂味甘湯は、金匱要略(きんきようりゃく:漢方の教科書)の痰飲咳嗽病(たんいんがいそうびょう:水の飲み過ぎの病)に書かれております。一応、条文と簡単な訳も書かせて頂きます。

     

     

    38条 

    「 青竜湯(せいりゅうとう)を下し已(おわ)り 多唾口燥(ただこうそう)寸脈(すんみゃく)沈 尺脈(しゃくみゃく)微(び) 手足 厥逆(けつぎゃく) 気 少腹(しょうふく)従(よ)り上って胸咽(きょういん)を衝(つ)き 手足痺(ひ)し其の面 翕然(きゅうぜん)として酔状(すいじょう)の如く 復(ま)た陰股(いんこ)に下流するに因(よ)りて小便難(がた)く 時に復た冒(ぼう)する者 苓桂味甘湯を與(あたえ)て其の気衝(きしょう)を治せ 」

     

     

    簡単に訳しますと、

    「小青竜湯などの漢方薬を服用してから、唾が多く出て口が渇き、表の陽気が虚して(寸脈沈)、裏も虚した(尺脈微)状態になってしまい、手足が冷えあがり、腎の気が下っ腹の少腹から上の胸や咽まで衝き上がってくる 手足も痺れ 顔はお酒を飲んでポッーと赤くなったような状態になる その上に衝き上がっていた気が下の陰部や股の所に流れ影響が出ると小便は出にくくなり、時に冒の症状が出る者には、苓桂味甘湯を与えてその上に突き上げている気、気衝を治してあげなさい」となります。

     

     

    この条文にも書かれているように、「上に突き上げた気により、頭に冒が起こる」、これが苓桂味甘湯の証です。なぜ気が上に突き上げてくるか、気が上に衝き上がる原因も色々あるのですが、苓桂味甘湯の気衝の状態は先日書いたブログを読んで頂ければ分かって頂けると思います。

     

     

    気が上に突き上げる、この気は腎の気ですから、本来腎は膀胱を腑(ふ:臓と対をなし浅い位置にある器官)となし、尿として体内の不要な水を外へ出しています。その腎の気が正常に巡らず、動じて上に突き上げているわけですから、尿もしっかり正常に出すことが難しくなります。条文にも「復た陰股に下流するに因りて小便難く」と書かれております。小便を出すということは、体内の水分だけでなく、体温を保っている熱も、陽気も陰気も一緒に出す行為になります。苓桂味甘湯の冒が起こっている方は、この小便を正常に出すこと(出ないわけではありません、本人からするといつも通りの出方に感じるかもしれませんが)や、頭からの陽気の正常な発散が出来ていません。本来は頭は陽気の発散の盛んなところで、熱が寄りやすい所です。しかし冒が起きている時は、その発散が出来ず、頭にこもっている状態です。頭に突き上げてきた気がこもり、その気を発散することが出来ず冒を起こしている、この時に小便で体内の津液(しんえき:水)と一緒に陽気・陰気が出てしまうと、その少しの変化でもこもって充満していますから、痛みが出るのだと思います。この方は、「頭がキュッと締め付けられるように痛くなる」と表現されておりますから、頭の陽気が尿により抜けて、一時的に陰気に偏り、陰気は縮まりますから、血管や頭の神経などが縮まりこのような症状が出たと考えられます。

     

     

    冒が起こっている時と言うのは、体内の水分や陽気・陰気のバランスが少し変わるだけで、その変化が症状に出やすくなります。

     

     

     

    今回のことは、条文には直接的には書かれておりませんが、傷寒論(しょうかんろん)や金匱要略を1つずつ理解していけば分かります。お客様が訴えられる症状はその人それぞれ様々な症状や表現がなされますが、きちんと根元をつかみ、原理原則に基づいて考えることが出来れば、一見聞いたことのないようなことでも対応できるのではないでしょうか。

     

    勉強になりました(-ω-)/

     

     

     

     

    bnr_hp150.gif

     

     

     

     

     

    | 漢方 | 13:59 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする