ツルガ薬局公式サイト
ツルガ薬局公式ホームページへ!健康情報や漢方症例などが見れます!
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< まぶたのピクピク   〜 病院で検査しても異常がなく1ヶ月長引いている 〜 | main | 夏の土用の様々な胃腸の弱り  〜 透析中の胃腸症状に生姜瀉心湯(しょうきょうしゃしんとう)〜 >>
9歳の女の子の鼻血  〜 鼻血でよく使う漢方薬 〜
0

     

     

     

    ここ数日、子供さんの鼻血のご相談が数件ありましたので、その中の1件についてご紹介させて頂きたいと思います。

     

     

    まず、鼻血についてですが、どうして出るの?、何の漢方薬がいいの?と時々尋ねらるのですが、このブログでも何回も書かせて頂いていることなのですが、やはり鼻血も「全ての人の鼻血には、この漢方薬!」というものがある訳ではございません。

     

    鼻血の原因が色々だからです。漢方薬は、その人の原因と状態を考えて根本を捉えることで決まりますので、やはりその人それぞれで漢方薬の処方は変わってきます。が、その季節や天候、性別や体力の度合い、同じような飲食物や生活環境がある程度似通ってこれば、同じような漢方薬で治ります。

     

     

    参考までに、私が鼻血でよく使う漢方薬としては、

     

    〃貲からの瀉心湯(しゃしんとう)類や黄連(おうれん)剤・・・瀉心湯とは、三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)、甘草瀉心湯(かんぞうしゃしんとう)、半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)、生姜瀉心湯(しょうきょうしゃしんとう)、附子瀉心湯(ぶししゃしんとう)などを言います。黄連阿膠湯(おうれんあきょうとう)、乾姜黄連黄芩人参湯(かんきょうおうれんおうごんにんじんとう)などは黄連剤に当たりますが、捉え方次第では少陰(しょういん)の瀉心湯、厥陰(けっちん)の瀉心湯とも考えられます。

     

    表虚(ひょうきょ)からの桂枝湯(けいしとう)等

     

    I充臓覆劼腓Δ犬帖砲らの麻黄湯(まおうとう)等

     

    Oからの小建中湯(しょうけんちゅうとう)等

     

    瘀血(おけつ)からの桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)等

     

    サぞ廖覆しょう)からの苓桂味甘湯(りょうけいみかんとう)等

     

    Π瀁からの承気湯(しょうきとう)類

     

    肺熱からの小陥胸湯(しょうかんきょうとう)等

     

     

    などになります。

     

    少し専門的になり過ぎて難しいと思いますので、ここまでにさせて頂きます。

     

     

     

    さて、昨日、他店舗にご来店された、9歳の女の子の鼻血のご相談です。

     

    2日前の7月24日(火)に、夜中鼻血が出てタラッーと垂れてきた

     

    昨日の25日(水)は、外で遊んでいる時と、その日の夜も2回出た

     

    26日(木)、車で外出中に寝ている時にタラッーと垂れてきて目が覚める

          家まであと15分程だったが、その間もずっと止まらず、ドロッとした固まりが出た

     

    この時にお店(他店舗)に電話をされ、様子を説明しお母さんの持っている桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)をまず服用するように指示

     

    服用してから5分くらい経ったが、鼻にティッシュを詰めているがドボドボになるくらい、止まる様子がないという事で、再度

    電話して相談。

     

    そして、その店舗の担当していたスタッフから私に連絡がありました。

     

     

    簡単にまとめると、ドロッとしたものが出るという事を瘀血(おけつ)と取って、まず桂枝茯苓丸を飲んでいただいたけれども血が止まらないということでした。

     

    さて、どうしましょう・・・・

     

    やはり、その女の子の状態と原因が大切です。

     

     

    夏の土用に入っていますし、よく食べて、よく飲むとのことです。甘い物やお菓子は食べている、カルピスの冷たい物も飲んでいると。下痢や熱はなし。顔色も変わりなく、鼻血以外は何も情報がない状態でした。ただ、喉は渇いて良く飲むということでした。3日前から出だしたという事ですが、以前からよく鼻血が出るかと聞くと、そんなことはないみたいです。でも痩せているとのことでした。汗もよくかく。 

     

     

    私はこういう場合は基本は小建中湯をまずは出しますが、血虚(けっきょ)を考え、当帰建中湯(とうきけんちゅうとう:膠飴入)をお出しするようにお伝え致しました。

     

     

     

    ※血虚と考えた理由について・・・

    人間、血が弱ってくると(血虚:けっきょ)、渇きます。水分も欲しくなる。汗は心(しん)の液であり、血の液であり、血の(陽気)エネルギーを発散していく行為なので、本当に血が弱ってくると汗はかけません。正常な発汗ができなくなります。少しは出ても、十分な発汗はしづらくなります。ただ、この子の場合はそこまでの血の弱りではなく、この夏の体の弱りからくる軽度の血虚と捉えました。ですから汗はかける。また逆を考えれば汗をかき過ぎることで、一時的な血虚が作られますから、結果的に血の働きが弱っていると考えられます。生理はまだ来ていないという事でしたが、男の子よりは女の子の方が血が弱りやすく、本来血が盛んであれば、肉も養われますから、肉付きや体格もしっかりしてきます。手足が細く、痩せているということからも、血虚になりやすいことが分かります。また血が弱れば血を貯めこむ肝も弱るので、甘いものが欲しくなってきます。甘味で肝を補おうと体が求めるのです。甘味も好んでいたので、これらのことから血虚の当帰建中湯を考えました。

     

     

     

    2018年7月27日

     

    昨日あの後すぐに店に漢方薬を取りに行き、店頭ですぐ1包を服用した。

     

    漢方薬を飲む前までは詰め物をしていても血が出ている感じが子供自身が分かると言っていたが、飲んですぐ2〜3分ほどで言わなくなり治まった。詰め物を取ってみると、透明の鼻水に戻っていた。その日の夜ももう1回服用し、夜中も何も鼻血も出ることなく大丈夫だった。

     

    と、漢方薬服用してすぐ鼻血が止まったことをご報告頂きました。

     

     

    7月28日

     

    1日2〜3回漢方薬を服用し、今日まで一度も鼻血は出ていません、と御連絡頂きました。

     

     

     

     

    当帰建中湯は血虚(けっきょ)の漢方薬です。つまり、血と体の疲れ・弱りです。食欲もあって食べているといっても、身についていない可能性、食べた物を全て勉強や運動に使っていて体に残っていない可能性が考えられます。

     

    腕や足の肉付き、これから大人の女性になるための体作り(生理)、成長にも関係してきますから、きちんと体作りをしていかないといけませんね、と説明させて頂きました。

     

     

    この説明をしている中で、お客様との会話中、ドキッとしたことがありました。

     

    私:「今年は火運太過です。今は夏の土用です。若い方でも、血が弱ることで心臓病や血の病、リウマチや白血病、ガン、膠原病(こうげんびょう)など出ることもあるから注意しなければいけませんよ・・・」ということを伝えたときに、

     

    お母さん:「26日の鼻血が出て止まらなかった時、そういえば子供が心臓が止まりそうな感じがするって、言ってました・・・」と言われました。

     

     

    夏は心臓が頑張る期節ですから、無理がかかると、本当に弱い人は、心臓が止まったり、脈や血圧などにも影響が出てきます。夏は体に熱が入り、その熱を汗として出して体温調節をしています。「汗は心(しん)の液」であり、血の液ですから、鼻血で心(しん)が弱れば、そのお子様が感じたように、心臓が止まりそうに感じる可能性もあると思います。

     

     

    こういうお子様は、漢方薬と一緒に「コンクレバン(心臓エキスが入ってます)」・「バイランカルシウム・鉄」を毎日飲んで体力づくり、血液作りをしていくと体は非常に良くなってくると思います。

     

     

     

    鼻血が治らなくて困っている方、もしよろしければお気軽にご相談下さいませ♪

     

     

    bnr_hp150.gif

     

     

     

    | 漢方 | 17:35 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする