ツルガ薬局公式サイト
ツルガ薬局公式ホームページへ!健康情報や漢方症例などが見れます!
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 葛根湯の下痢とは違う厥陰病(けっちんびょう)の下痢 | main | 5月5日から 夏に入りました(2018年 火運太過) >>
春の土用に入りました  〜 2018年4月17日から5月4日まで 〜
0

    JUGEMテーマ:健康

     

    4月17日(火)から土用に入りました。

    ゴールデンウィークの5月4日までが土用になります(5月5日は立夏になります)。

     

     

    土用は、土の気、脾胃(ひい:広い意味で胃を中心にした消化器系)の気が旺している、つまり力を持って頑張る季節です。

     

    土は、土台になり、真ん中であり、万物の帰するところ、つまり伝えるところがない大元です。その土台が頑張っている時、無理がかかりやすい時に、体を疲れさせるような慣れない土いじりや運動、過労、暴飲暴食、そして手術や体にメスを入れること(歯の治療もこれに当たります)は、体の大元を損なわせ病気や症状の悪化や回復を遠ざける事につながっていきます。最悪の結果にもつながることも多いと聞いております。

    できる限り土用中の手術や検査(肉を傷つけるような検査)は避けるべきです。症状が落ち着いている方でも、土用中は地面である土の気が盛んですから、症状がぶり返しやすくなります。

     

    食事の面では甘い物は脾胃を補いますから、お菓子やジュース、パン類などの体を養う食事以外の甘味のものは取り過ぎないように気をつけて下さい。ただでさえ力を持って頑張っている脾胃に無理やり負担をかけることになってしまいます。

     

    もちろん、脾胃が弱っている方が、この土用の季節を利用して働きを高めて治りやすくなることもありますから、体のバランスを見ながら養生していくことが大切になります。

     

     

     

    bnr_hp150.gif

     

     

    | 漢方 | 10:14 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする