ツルガ薬局公式サイト
ツルガ薬局公式ホームページへ!健康情報や漢方症例などが見れます!
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 乳腺炎 〜乳腺の管が細くなっている〜 | main | 土用が終わり冬に入りました >>
ひざの痛み  〜 秋の土用中 〜
0

    JUGEMテーマ:健康

     

    今日は30歳前後の男性のご相談をご紹介させていただきます。

     

    2017年9月下旬ころ

    ウォーキングや筋トレなどが趣味の筋肉質の男性。数週間くらい前から膝が痛い。正座ができない。色々と他の薬局で栄養剤や漢方薬をもらったが痛みが取れず、ご相談。

     

    問診すると、

    ・のどの渇きあり

    ・おしっこの量もしっかり出ている

    ・冷えなし

    ・汗もよくかく

    ・食欲あり

    などから、越婢加朮湯を差し上げました。

     

    1週間後にご様子をお聞きすると、痛みが楽になり座れるようになりました、と喜びのお声をいただきました。

     

     

     

    さてこの方が、つい先日10月30日に再度ご来店されました。

    また膝が痛くなってきて、以前の時と同じように越婢加朮湯をまた買って飲んでみたが痛みが取れずまた相談に来ました、とのことでした。

    さて、特別変わったことはしていないみたいで、様子も9月の時と変わらないような感じです。

    でも越婢加朮湯は効かない。そうすると、時期を考えます。10月20日から秋の土用に入っております。土用は脾胃(ひい)が力を持ち腎である関節や腰、膝が痛められやすくなります。少し肌寒く感じるときも増えてきました。お仕事もバタバタと忙しかったので動き回っていた、とも言われておられました。つまり、外寒(がいがん)と労(ろう)があります。水分もよく取っておられますし、取った分はきちんと出せております。

     

    漢方の教科書の金匱要略(きんきようりゃく)の中風歴節病(ちゅうふうれきせつびょう)、血痺虚労病(けっぴきょろうびょう)、消渇小便利淋病(しょうかちしょうべんりりんびょう)に掲載されている条文を考え、八味丸を処方いたしました。

     

    11月2日ご来店

    楽になりました。まだ3日ですが、10の症状が3くらいになりました。と喜んでいただきました。

     

     

    やはり病を発する期節・時期というのは非常に大切ですね。

    改めて勉強になりました(-ω-)/

     

     

     

    bnr_hp150.gif

     

     

    | 漢方 | 19:13 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする