ツルガ薬局公式サイト
ツルガ薬局公式ホームページへ!健康情報や漢方症例などが見れます!
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
帯状疱疹 〜病気を見るのではなく、その人を見る〜
0

    本日、80歳近くの女性の方がご来店され、左側の頭痛を訴えられました。

     

    聞くと、つい先程、敦賀市の某総合病院へ受診して診てもらったみたいなのですが、脳のCTなど異常は無く、何も満足のいく説明や治療がされなかったとのことでした。

     

    ご本人様の訴えは、頭の痛み、そして左目の上のニキビのような赤みの出来物、昨日は痛くて眠れないほど頭が痛かった、クシで髪をとくことさえも痛い、というのです。

     

    よく見てみると、小さい水疱が見える箇所もあり、「片方の左側だけでしょ?」と聞くとそうだとおっしゃられます。

    もうお分かりですよね・・・、これは帯状疱疹の可能性が高いことをお伝えしました。

     

    帯状疱疹の原因は、免疫力の低下です。

    何よりも免疫力を高めること、そして逆に免疫力を低下させる食事や生活に気をつけていくことが大切になります。またそれと平行して、できる限り早く抗ウイルス剤を服用すること(外用薬もあります)で、ウイルスの増殖を抑えていくことも重要です。

     

    頭皮には何もまだ出ていませんでしたが、目の上に小さい湿疹らしきものが出来ていましたので、目に帯状疱疹が広がると大変です、最悪失明する場合もあります。また、何人もの帯状疱疹で通院されている方を見ていると、とにかく長引いて痛みが何年も残ってしまっている方が多いのが現状です。とにかく早い処置・対応が大切であることなどをお伝え致しました。

     

    免疫力を高めてウイルス疾患の治りを早める「瑞芝(ずいし)」を店頭で直ぐに1本飲んでもらいました。そして帯状疱疹だと薬局では診断できませんので、市内の某皮膚科への受診を勧めました。

     

    数時間後、その方が皮膚科の処方箋を持参されました。やはり、帯状疱疹でした。帯状疱疹ウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬の飲み薬などが出ていました。再度、瑞芝の5本入をご購入頂き、養生法をお伝え致しました。

     

     

    今回私がショックを受けたことは、最初の某総合病院できちんと正しい診断と治療がされなかったことです。
    患者の訴えや症状だけで区分けしてマニュアル化して診察していると、こういうことが起こるのではないでしょうか。

     

    私が店頭で相談、特に漢方相談のような専門的で深いご相談をお受けする時は、病の源がどこにあるのか、原因や経過、体質、体力、様子、生活や食事など、色々とお聞きして、その人自身を見ていきます。

     

    「病気を見るのではなく、その人を見る」、「病気を治すのではなく、人を治す」、そんな病院やお医者さんが増えてくると良いですね。

     

    | 店頭にて | 18:12 | comments(0) | - |
    | 1/1PAGES |